粘土

nendo.jpg

信楽、九谷、伊賀の粘土を使用、20年近くもなると種類も増え、ブレンド数も増えていきます。今だいたい3,4種類の粘土を混ぜ合わせたものが8種類程あります。この釉薬にはこの粘土、白化粧生掛けにはこの粘土って感じで使い分けています。今は有り難い事に電話一本で粘土が届きます。砂地の内灘でも作陶ができるんです。けど・・・いづれは、自分で掘った土で茶碗を作りたいなぁ~!

Trackback

Trackback URL
http://suetukuri.blog.fc2.com/tb.php/15-838170db

Comment

Comment Form
公開設定

PROFILE

iwasaki haruhiko

Author:iwasaki haruhiko
suetukuri (陶工)

うつわを制作しています。
工房内外の様子をお伝えします。
今後ともよろしくお願いします。

石川県河北郡内灘町室ロ76
TEL/FAX(076)286-6396

岩崎晴彦

HP

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORIES
ARCHIVES
RINKS
このブログをリンクに追加する