茶室 耕雲庵

耕雲庵

移築された「耕雲庵」小間は、江戸末期に粟崎の豪商、木屋藤右衛門が京都の数奇屋大工に建てさせたと言われている。大正初期、横山家全盛期に高岡町の同家に移築され、その後、清川町を経て寺町の中村家へ移築された。「茶の湯を通じて金沢の伝統文化に貢献したい。」という中村榮一郎氏のご好意により、金沢市が寄贈を受け、中村氏とゆかりの深い中村記念美術館横に移築された。
なお、「耕雲庵」は永平寺を開いた道元禅師の「山居之詩」(さんきょのし)の一節「釣月耕雲」(ちょうげつこううん)から名付けられた。

大雪の中 中村記念美術館にお越し頂きどうもありがとうございました 感謝申し上げます

Trackback

Trackback URL
http://suetukuri.blog.fc2.com/tb.php/338-6975de83

Comment

Comment Form
公開設定

PROFILE

iwasaki haruhiko

Author:iwasaki haruhiko
suetukuri (陶工)

うつわを制作しています。
工房内外の様子をお伝えします。
今後ともよろしくお願いします。

石川県河北郡内灘町室ロ76
TEL/FAX(076)286-6396

岩崎晴彦

HP

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORIES
ARCHIVES
RINKS
このブログをリンクに追加する