散華

散華

杉本健吉画 東大寺散華 
散華とは寺院で法要を厳修する時に、諸仏を供養するために花が撒かれます。これを散華といいます。元来は蓮の花弁をはじめとする生花が使われていましたが、いつのころか蓮の花を形どった紙製のものを代用することが多くなりました。法要の際、何千枚もの紙花が御堂の屋根から撒かれ、蒼天に五彩舞う情景には格別の風情があります。  美術散華保存協会

Trackback

Trackback URL
http://suetukuri.blog.fc2.com/tb.php/67-d1aea4b1

Comment

Comment Form
公開設定

PROFILE

iwasaki haruhiko

Author:iwasaki haruhiko
suetukuri (陶工)

うつわを制作しています。
工房内外の様子をお伝えします。
今後ともよろしくお願いします。

石川県河北郡内灘町室ロ76
TEL/FAX(076)286-6396

岩崎晴彦

HP

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORIES
ARCHIVES
RINKS
このブログをリンクに追加する